甲府方重信Blog

...Shigenobu Koufugatas Blog

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Error
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
Home 業務日誌 Kindle Development Kit Kindle Development Kitトップページ

Kindle Development Kitトップページ

E-mail Print PDF

革新的な動的コンテンツを、Amazonのワイヤレス読書端末Kindleで動作させよう

Kindle Development Kit (KDK)は、豊富なAPIを提供し、動的コンテンツをKindleで作成するのに役立つ文書、そしてツールを提供する。

Java言語がネイティブに動作し、動的コンテンツはWhispernetモバイルネットワークと、Kindleの大きな電子インク画面にアクセスすることが可能である。

このプログラムとAPIセットのレビューについて、詳しく知りたい場合は、KDK FAQのページを見てください。

参考: https://kindlepublishing.amazon.com/gp/vendor/kindlepubs/kdk/get-content?id=200436000

現在、KDKが限定されたベータ版として利用可能

KDKの限定ベータ版を利用するためには、ベータ開発者となるためのリクエストを送ってください。

参考: https://kindlepublishing.amazon.com/gp/vendor/kindlepubs/kdk/request-seat

ベータ版参加者として受け入れられると、Kindle開発キットがダウンロードできるようになります。これは、開発者サポートにアクセスできるようになり、、Kindleでのコンテンツの試験が可能となり、そして、コンテンツを提出できるようになります。

Kindle開発キットは、サンプルコードや、文書、Kindleシミュレーターを含んでいます。これらにより、開発者は自分たちのコンテンツを6インチKindleもしくは、9.7インチKindle DX端末を、Macや、PC、Linuxのデスクトップで構築できるようになります。

限定ベータ版では、コンテンツの提出は無料です。

私たちも、読者がKindleにどんな革命をもたらすか、どきどきしているところです。

KDK限定ベータ版概要

売り上げ割合

利用者の売り上げは、7割が開発者に、3割がAmazonに、また、1MBあたり0.15ドルの配送経費がかかります。

スマートフォンとは違い、Kindleユーザは、月額ワイヤレス回線料や、年額ワイヤレス契約に申し込む必要がありません。

Kindleの動的なコンテンツは、ダウンロードのコストと、利用をカバーするように値段をつけるべきです。

価格付けの選択肢

動的コンテンツは、今年の後半には、Kindleストアで利用者に提供されるようになります。

開発者の動的コンテンツは、三種類の方法で価格付けをすることが出来ます。

  • 無料 – 動的コンテンツアプリケーションが1MBよりも小さく、ユーザあたりの月ごとのワイヤレス転送量が100KBを下回る場合には、利用者に無料で提供することが出来ます。
    Amazonが、配送と保守にかかわるワイヤレスコストを負担します。
  • 一括購入 - 利用者は、動的コンテンツを購入した時にのみ、課金されます。
    コンテンツは、ユーザーあたり月ごとのワイヤレス転送量が100KBを下回る必要があります。
  • 月額購読 - 利用者は、動的コンテンツに対し月額を課金されます。

動的コンテンツのアプリケーションは、100MBのサイズ上限を持っています。10MBよりもアプリケーションが大きい場合、ワイヤレス配送は出来ず、Kindleストアからコンピュータへダウンロードした後に、USBポートを使用して利用者のKindleに転送する必要があります。

開発者ガイドライン

ボイスオーバーIP機能、広告、いらいらさせる内容、利用者情報の承諾のない収集、あるいは、AmazonおよびKindleのブランドされたものの利用は、許可されていません。

されに、動的コンテンツは、すべてAmazonの技術的要求を満たすものでなければなりません。また、特定のユーザ向けのもの、あるいは悪意があるコードも許可されません。

ベータ期間中、上記のガイドラインを精査するようにいたします。

出典: https://kindlepublishing.amazon.com/gp/vendor/members/kindlepubs/kdk

Last Updated on Monday, 09 August 2010 18:52  

ニュース速報

Joomla!はどんな種類のウェブサイトでも簡単に構築できます。あなたがパンフレットサイトを望んでいたり、あるいは大規模なオンラインコミュニティを構築中であったりするにせよ、Joomla!は数分間で新しいサイトを設置し、必要とする特別な機能を追加することができます。何百もの入手可能なエクステンションが、あなたのサイトを拡張し、あなたがインターネットへ伸ばす手をより広げてくれる新しいサービスを届ける助けとなるでしょう