甲府方重信Blog

...Shigenobu Koufugatas Blog

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Error
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
Home エクステンション

エクステンション - Modules

E-mail Print PDF
Article Index
エクステンション
Components
Modules
Plugins
Languages
All Pages

Module - Joomla!エクステンションディレクトリ モジュール

より軽量で柔軟なエクステンションとしてページのレンダリングに使用されるモジュールです。モジュールは複雑でなく、ちがったコンポーネントで表示ができるページの小さな部品として使用されます。先ほどの本で例えるなら、モジュールは脚注やヘッダブロックあるいはおそらく特定のページにレンダリングされるイメージ/キャプションブロックと例えることができます。明らかにどのページにも脚注を置くことができますが、すべてのページにはありません。脚注はどの章をレンダリングしているかにも関わらず出現することもあります。類似したモジュールをどのコンポーネントが読み込まれているかに関わらず、表示できます。

モジュールはあなたのサイト上のどこにでも配置できる小さなアプレットのようなものです。いくつかのケースで他のコンポーネントと連携して動作したり、他には記事(ニュースフラッシュ)のようなデータベースからいくつかのデータを取り出して表示する完全にスタンドアロン巣にペットとして動作します。モジュールはたいていデータの出力に使用されますが、ログインモジュールやアンケートフォームのような入力データを入力するための対話型フォーム項目を出力することもできます。

モジュールはテンプレートで定義されたモジュールポジションに割り当てることができます。またバックエンドでモジュール管理を使ってモジュールポジション設定を変更することもできます。例えば "left" や "right" は3カラムレイアウトではよく使われます。

モジュールの表示

それぞれのモジュールはあなたのサイトのモジュールポジションに割り当てられます。もしに2つの違った位置に表示したいなら、モジュールをコピーしてコピーしたモジュールを新しい位置に割り当てます。またどちらのメニューアイテムを表示するかを設定できます。モジュール[編集]画面で、すべてのメニューアイテムを選択するか、コントロールキーを押しながら複数のポジションを1つずつ選択できます。

メモ: メインメニューはモジュールです!メニュー管理で新しいメニューを作成するときは、メインメニューモジュール(mod_mainmenu) コードをコピーしていることになります。そして新しいメニュー名が付与されます。モジュールをコピーする時は、そのパラメータのすべてはコピーされません。単にJoomla!で2つの別の設定で同じコードを利用することになります。

ニュースフラッシュの例

ニュースフラッシュはあなたのサイトでモジュールポジションに割り当てられた記事をを表示するモジュールです。1つのカテゴリ、すべてのカテゴリ、あるいはランダムに記事を選択してユーザに表示するのかを設定できます。設定しただけの数の記事を表示します。そしてユーザに記事のすべてを表示する続きを読む...リンクも設定できます。

ニュースフラッシュコンポーネントはとくにサイトニュース、あるいはサイトに追加された最新の記事の表示に便利です。



Last Updated on Thursday, 08 November 2007 23:49  

ニュース速報

2010年7月26日から28日にかけて、LPIC301の資格対策講座を開きました。今年二回目の定期開催です。

国内では、LPIC301の資格対策を定期開催しているのは、リナックスアカデミーだけだそうです。

 

授業の内容は、

1、キャパシティプランニング

2、ディレクトリサービスの概念

3、LDIFとLDAPコマンド

4、LDAPとSambaとの統合、LDAPとApacheの統合

5、LDAPレプリケーションの概要

6、LDAPのセキュリティ

7、PerlからLDAPにアクセスする

8、模擬試験

となっています。

今回の受講生は、4名でした。

時間は、ややあまり気味でした。演習にひっかからないようになって、スムーズに動くようになったのが理由と思われます。

LDAP Syncの演習を追加しようか、検討しようと思います。

アンケートを見る限り、スキルによって時間が足りなかったという人と、丁度よかったという人に分かれました。

テキストは次回までに、若干修正が必要なようです。

受講生の皆様、お疲れ様でした。