甲府方重信Blog

...Shigenobu Koufugatas Blog

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Error
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
Welcome to the Frontpage

Ada95チュートリアル セクション1.1 「Adaのために、何が使えるか」 #5

E-mail Print PDF

Ada95チュートリアル セクション1.1 「Adaのために、何が使えるか」 #5

多くのAdaコンパイラーが存在する。

参考: http://www.adahome.com/Resources/Compilers/Compilers.html

その中には、フリーソフトウェア財団のgccの上に構築されたGNATと呼ばれるAda 95コンパイラが含まれる。これは、フリーである。
参考: http://www.adahome.com/Resources/Compilers/GNAT.html

また、多くのAda関連ツールが存在する。

参考: http://www.adahome.com/Resources/Tools/Tools.html

オンラインのリファレンス文書も存在する。

参考: http://www.adahome.com/Resources/References.html

このチュートリアルの後のセクションでは、オンラインのAda関係の情報源について詳しく述べている。

参考: http://www.adahome.com/Tutorials/Lovelace/s14sf.htm

 

Ada95チュートリアル セクション1.1 「正確に、Adaの機能とは何か」 #4

E-mail Print PDF

Ada95チュートリアル セクション1.1 「正確に、Adaの機能とは何か」 #4

  1. パッケージ(モジュール)に関連する型、オブジェクト、オペレーションが定義可能である。

  2. パッケージや型は、再利用可能なコンポーネントを助けるためにジェネリックにすることができる。(テンプレートをとおして、パラメーター化する)。

  3. エラーは、例外としてシグナル化され、明示的に取扱うことが可能である。

    多くの深刻なエラー(計算によるオーバーフロー、有効でない配列のインデックスなど)は、自動的にキャッチされ、例外処理機構を通して取扱われ、プログラムの信頼性を向上するのに役立つ。
  4. タスク(制御の平行な複数のスレッド)が、生成可能であり、コミュニケーションを取る。

    これは、多くの他の言語では、標準でサポートされていない主要な機能である。

  5. データ表現は、システムプログラミングをサポートするため、正確にコントロールされる。

  6. 以下のような事前定義ライブラリーが含まれる。

    入出力(I/O)、文字列操作、数値演算、コマンドラインインターフェース、乱数生成器。

    最後の二つは、Ada 83で有効となり、Ada 95で標準化された。

  7. オプジェクト指向プログラミングがサポートされる。

    これは、Ada 95での新機能である。

    時日、Ada 95は、初めて国際化された標準化オブジェクト指向言語である。

  8. 他の言語へのインターフェース(C言語、FORTRANやCOBOLなど)が言語に含まれる。

    これらは、Ada 95で画期的に拡張されたものである。

    すくなくとも、あるAdaコンパイラー(インターメトリック社のもの)は、Adaから、Java Virtual Machine(J-code)を生成することができる。

    参考: http://www.adahome.com/Tutorials/Lovelace/java.htm

出典: http://www.adahome.com/Tutorials/Lovelace/s1s1.htm

Last Updated on Saturday, 07 August 2010 12:34
 

Ada95チュートリアル セクション1.1 「誰がAdaを使っているか」 #2

E-mail Print PDF

Ada95チュートリアル セクション1.1 「誰がAdaを使っているか」 #2

Adaは、元々、米国国防総省(DoD)でのリアルタイム組込みシステムのために設計された。

Adaは、米国の兵器システムの近代化のためにもっとも多くつかわれている言語である。

さらに、詳しくは、こちらをご覧になられたい(http://www.adahome.com/Tutorials/Lovelace/doduse.htm)。

しかし、Adaの利用ベースは、米国国防総省から離れ、大規模情報システム、分散システム、科学計算など他の分野に進出している。

主要なAdaは、航空宇宙産業や、安全性が厳しく要求されるシステムを包含している。

1994年の非公式なサーベイでは、Adaは、安全性が厳しく要求されるシステムでは、もっともポピュラーな言語であると結論づけられている。参考: http://archive.comlab.ox.ac.uk/safety/lang-survey.html

Adaのエラー処理機構が、劇的にデバッグ時間を軽減するため、大規模システムと同様に、小規模なプロジェクトでもAdaを使う人々がいる。

また、Adaでの平行開発は、現在での先進的なオペレーティングシステムの優位性を活用することが可能となる。これらのオペレーティングシステムには、マイクロソフトのWindows NTや、Windows 95、Mach OSが含まれる。

Adaを使う多くの人々は、彼らのアプリケーションを素早く動かす必要がある。

Adaプログラミング言語は、そのキーになるアプリケーションドメインがリアルタイム組込みシステムにあったため、効率的な実装が可能なように設計されている。その領域では、効率性が厳しく要求されるのだ。

もちろん、Adaによるプログラムの実際の効率性は、実際のAdaコンパイラが使用されるアルゴリズムに依存している。

所与の言語での他の最初のコンパイラーと同じように、最初のAdaコンパイラーは、効率性の高いコードを生成することがなかった。現代のAdaコンパイラーは、相対的によりよいコードを生成することが出来るようになっている。

残念ながら、最初のAdaコンパイラーは、実行速度が遅いという神話を作ってしまった。それは、最初の中だっただけにもかかわらず。

勿論、効率性のよりよい試験は、解決しようとしている問題の種類を決めて、特定のコンパイラーをベンチマークすることである。

出典: Ada95 Lovelace Tutorial

http://www.adahome.com/Tutorials/Lovelace/s1s1.htm

Last Updated on Saturday, 07 August 2010 11:31
 

Ada95チュートリアル セクション1.1 「Adaは、どこでどのように標準化されているか」 #3

E-mail Print PDF

Ada95チュートリアル セクション1.1 「Adaは、どこでどのように標準化されているか」 #3

Adaは、元々、1983年にANSIによって標準化された。同じ標準化が1987年にISOからリリースされている。

Adaは、最近、さらにいくつかの機能を追加するため改訂された。この版は、「Ada 9X」もしくは、「Ada 95」と呼ばれている。

Adaコンパイラーベンダーは、一般的に、彼らのコンパイラーに、Ada 95での新機能を追加したものを持っている。

このチュートリアルは、Ada 95の機能についてカバーしているが、Ada 95で追加された機能については、註記することになるだろう。

Adaは、公式には、リファレンスマニュアル(RM)において定義されている。

完全なAda 95リファレンスマニュアルは、こちらで参照することができる。

参考:http://www.adahome.com/rm95/rm9x-toc.html

しかしながら、このリファレンスマニュアルは、チュートリアルとなりえないし、読者がAdaに詳しくなっていないのであれば、理解するのには難解すぎる。

我々は、読者が特定の目的について、もっと詳しく知りたくなった際には、リファレンスマニュアルをしばしば参照することにしよう。

Adaは、委員会によっては設計されなかった。

オリジナルのAdaの設計は、言語設計コンペティションの優勝者である。

この優勝チームは、Jean Ichbiahによって率いられたチームであった。

1995年の版(Ada 95)は、Tucker Taftによって率いられた小さなチームによって開発された。

どちらの場合も、設計者はパブリックコメントへの対応を行なうパブリックコメント期間を設けられ、それに耐えたものになっている。
Last Updated on Saturday, 07 August 2010 11:59
 

Ada95チュートリアル セクション1.1 「Adaとは何か」 #1

E-mail Print PDF

Ada95チュートリアル セクション1.1 「Adaとは何か」

Adaとは、長期間運用されたり、高信頼性が要求されるようなソフトウェアシステムの構築をサポートするように、元来設計されたコンピュータプログラミング言語である。

その設計では、可読性や、エラー回避の傾向がある記法を採用しており、コード再利用性や、チーム協調などを推し進める。また、効率の良い実装が可能なように設計されている。

Adaの重要なアドバンテージは、デバッグ時間の軽減である。

Adaは、可能なかぎり多くのエラーを、可能なかぎり早い段階でキャッチしようとする。

多くのエラーは、コンパイルの段階でAdaによってキャッチされる。これらのエラーは、他の多くのコンピュータ言語では、コンパイルより後の段階に見つかることが常である。

Adaは、コンパイル時にエラーが見つからなかったとしても、ランタイム時に多くのエラーをキャッチする(必要であれば、このチェックは、パフォーマンスを向上させるためにオフにすることもできる)。

さらに、Adaは、ランタイム時に取扱うべき問題(例外)を処理するメカニズムを持っている。

出典: Ada95 Lovelace Tutorial

http://www.adahome.com/Tutorials/Lovelace/s1s1.htm

Last Updated on Saturday, 07 August 2010 11:00
 


Page 32 of 35

アンケート

オンライン中のユーザ

We have 20 guests online

広告

Featured Links:
Joomla!
Joomla! The most popular and widely used Open Source CMS Project in the world.
JoomlaCode
JoomlaCode, development and distribution made easy.
Joomla! Extensions
Joomla! Components, Modules, Plugins and Languages by the bucket load.
Joomla! Shop
For all your Joomla! merchandise.