Error

Adaチュートリアル セクション15.1 - Adaのプログラム構造

Tuesday, 12 June 2012 13:43 skoufugata
Print

セクション 15.1 - Adaのプログラム構造

本書は、チュートリアルですので、私は非常に短いプログラムを使用し、特定のポイントに対するプログラムの断片を示してきました。実際のAdaのプログラムは、Adaパッケージの集まりとして開発されます。それぞれのパッケージは、パッケージが有効とする機能の公開宣言である宣言部をもち、公開宣言を実装するための本体部を持ちます。

パッケージは、Adaにおいては基本構造となる機構です。パッケージは、抽象化、情報隠蔽、モジュール化を直接サポートするために使用されるためのものです。 たとえば、パッケージは、機械依存性をカプセル化するためには有効です。

プログラムの構造の話題を記述するのは容易です。というのも、実際プログラムの設計の疑問であり、言語の疑問ではないからです。いくつか推奨されるものが、Ada クオリティとスタイル: プロフェッショナルプログラマーへのガイドラインの特に4章 ("Program Structure")にあります。ここでは、このガイドラインを引用しましょう。:

Adaは他のいくつかの言語と異なっている点があることを覚えておいてください。Adaは、モジュール(パッケージ)の概念から、型の概念を分離しています。;他のいくつかの言語では、2つの概念(特に、Eiffelや、低レベルのC++など)は統合されています。それぞれのアプローチは、それ自体、利点と欠点があり、私たちはここではそれらを追求はしません。

出典: http://www.adahome.com/Tutorials/Lovelace/s15s1.htm

Last Updated on Monday, 18 June 2012 09:58