甲府方重信Blog

...Shigenobu Koufugatas Blog

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Error
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
  • Unable to load Cache Storage: database
Home ニュース CentOS5.5のハング

CentOS5.5のハング

E-mail Print PDF

演習確認用のCentOS5.5がudevの起動時にハングするようになった。

#yum update

して、再起動した直後。

どうも、アップデートとHWの相性がよくないようである。

CentOS5は、デフォルトがLVMになっているので、データの回収がめんどくさい。

Ubuntu 10.04 rescueのLive CDのisoイメージをダウンロードして、書類作成用のWindowsで、CD-Rに焼き付ける。

起動したら、LVMをマウントする。

$ sudo apt-get install ssh

で、SSH-Serverをインストールして、バックアップを取る(もっと早く取ってなきゃ駄目なんだけど)

$ sudo ifconfig

で、IPアドレスを確認して、WinSCPで吸い上げる。

ちょっと、動画をたくさんおいてあったもんだから。

それを移動してから、/home以下をtar.bz2して、吸い上げる。

ルートファイルシステムは、再インストールすることにしよう。

 

 

ニュース速報

リナックスアカデミー新宿アネックス校舎で、LPIC2の資格対策講座を開催した

 

受講生は、12名。

1日目の演習で、研修室の半分のネットワークが動かないトラブルが発生。

システム部の人に、調査してもらった。教務部に、連絡しておく必要がある。

企業からの研修生が多かったため、演習の進度が速く、時間が若干余った。

別途、サーバー構築で作成していた演習課題を追加して、時間を調整した。

20代、30代の若手社員が多かった。